補助金や専門家派遣制度など、公的な支援制度をうまく活用することで、新事業の資金調達を円滑に行うことができたり、外部専門家のアドバイスを受けたりすることができます。一方、様々な支援制度が存在しますが、情報が行き届いておらず、多くの企業が活用できていません。
 そこで、本ページでは、公的な支援制度の一部ご紹介させていただくとともに、補助金の探し方などについても紹介いたしますので、参考にしていただければと思います。

 


 

補助金などの支援制度

 中小企業が使いやすい補助金などの支援制度を一部紹介します。

 ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金(ものづくり補助金)につきましては、一定の条件を満たすことによって、補助上限額が少し上乗せされたり、補助率が2/3になったりします。補助率が高まる条件になっているのが、以下の制度です。
 経営革新計画等を取得することによって、金利の優遇や固定資産税が安くなるなどのメリットがありますが、それに加えものづくり補助金などの加点要素になっています。事前に取得しておくことによって、補助金が採択されやすくなるメリットがありますので、ものづくり補助金などの難易度の高い補助金に申請を検討されていましたら、先に取得しておくことをお勧めします。

 

補助金の探し方、申請書の書き方

 補助金は常時実施されているわけではなく、不定期に募集されるものですので、補助金が募集されているかどうか情報を早くキャッチすることが重要です。また、募集期間が短いものが多いので、事前に準備をしておき、募集が始まったらすぐに申請書を作成できるようにしておくのが望ましいです。以下のページでは、補助金の探し方と申請書を作るためのポイントを簡単に解説しておりますので、参考にしていただければと思います。

 

専門家派遣制度

 ミラサポや商工会・商工会議所等が実施しているエキスパートバンク制度などを活用することによって、回数に限りはございますが、ほぼ無料で専門家の支援を得ることが可能です。弊社も、ミラサポの派遣専門家として登録しておりますので、「少しの期間だけ相談したい」、「お試しで少しだけサービスを利用してみたい」、「サービスを利用したが費用の捻出が大変」などのご要望がございましたら、本制度のご利用をご検討ください。

 

【参考】弊社の専門家派遣制度について